自分の好きなことを仕事にする際のメリットとデメリット

多々見られる否定的な意見

「自分の好きなことを仕事にする」と言うことには、それを推奨する意見もあれば、否定する意見もみられます。先ず、否定的な意見からすると、好きなことを仕事にするということは、それなりの覚悟が必要となり、リスクも伴うと言います。代表的なものとしては、好きなことが収入に繋がらない、仕事にすることによって逆に嫌いになってしまう、成功する人はほんの一握りでしかない、生活が安定しないなどが挙げられます。そもそも、好きなことを仕事にするということは、目指したから必ずそうなれるなどと言う甘い世界ではなく、好きと言う気持ちだけで仕事として成り立ち、更に継続することが出来るとは限らない、厳しい世界であると考えられているのです。

自分の好きなことを仕事にする前に考えておきたいたいこと

一方、「自分の好きなことを仕事にする」ことについて推奨する、肯定的な意見としては、好きなことが仕事になったことでどんな状況にも耐えられたり、自分に自身が付くことなどが挙げられます。現実には、自分の好きなことを仕事にしたことによって、理想と現実のギャップに耐えられず後悔し退職する人が多い傾向にあると言われています。これには、好きなことを仕事に出来ても好きなことが出来なかったというケースが多々みられます。「自分の好きなことを仕事にする」と言うことには、良い面もあれば良くない面もあります。それらの両面をよく考え、自分が本当にやりたいことを見つけ、表面的に判断するのではなく、そのものの本質を見極めて職業を選択することが最善なのです。