フランチャイズと業種の選び方について

フランチャイズとはなにか

フランチャイズとはフランチャイザー(本店、主宰者)がフランチャイジー(加盟店)にたいして商標利用権や一定地域内の独占販売権、経営指導権などを提供し、その見返りとして特約料を徴収するシステムをとっているビジネスモデルです。南北戦争後のアメリカが起源とされ、日本では1970年代以降に急速に普及しました。このビジネスのメリットとして主宰者側にとっては限られた資源で容易に事業が拡大できること、加盟店には経営のノウハウを指導してもらうことにより、お店の経営が容易になるということが挙げられます。本店にノウハウを指導してもらえるため専門的な知識や経験が全く無い人でも手軽にはじめることができるのも大きな特徴です。

数多くの業種があります

フランチャイズの業種にはコンビニエンスストア、ラーメンやファーストフード、レストラン、ハンバーがショップなどの物販の他、最近ではフィットネスクラブや学習塾、不動産販売などがあります。町で見かけるチェーン店と呼ばれるものはほとんどフランチャイズ契約をしているものです。
フランチャイズでの業種の選び方のコツとしては、自分が興味を持っているものを選ぶことです。加盟店になれば自分がオーナーとなって毎日お店を盛り上げる必要があります。自分の好きな仕事であれば工夫したり、楽しんで仕事ができるからです。ネットにはフランチャイズ募集のサイトが数多くあり、業種別、予算別、エリア別などから検索することが可能です。自分でお店をもちたいと思っている方は参考にされると良いでしょう。